レッドホースヒルズ

「レッドホースヒルズ」公式Blog Blog

【究極の演技レッスン】

2017年10月07日 01:45
お知らせ

こんにちは☆

見逃していた作品一挙見期間👀!!

ということで、

【ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古】

を鑑賞しました😍

ピーター・ブルック
イギリスの超有名な演出家、なわけですが。

いやいや、
大学でピーター・ブルックの本「何もない空間」は読まされたし

德馬からもよくピーター・ブルックの話は聞かされていたから、知ってましたけども

稽古をしているピーター・ブルックを見学したことある人って

いるのでしょうか?!😨😨

本編の中でも

"よくリハーサルを見せてくれ、と言われるけど、ダメダメというんだよ"

みたいなことを仰ってました😲

そんな、貴重な稽古風景(ワークショップ)を
息子のサイモン・ブルックが映画に仕上げたのが本作品です🙏🙏🙏🙏🙏🌟🌟🌟
ナイス、サイモン!

原題は「Tightrope」となっています。
稽古で何をするかというと

"綱渡り"という一見単純なパントマイムを
いかに真実味を持って、
感受性をピンと張り詰めて命を吹き込ませることができるのか

という作業を延々と、

時に設定を変えて生徒達に課して行きます。

ピーター・ブルックさまの仰ることが
具体的なのだけど
言葉自体が美しすぎて
高尚で抽象的で
もうメモを取りながら、
巻き戻しながら見ないと
わたしの脳みそに入ってきませんでした😵😵

でも、指摘していることはほんとうにシンプルです。

アクティングスペースとなる
何もない絨毯の上で、綱を渡るという行為を
自分の想像力と感受性だけで、
真実を生みだそうと苦労する生徒達に

・体の神経を研ぎ澄ませ、感受性を発揮するんだ

・頭で考え、「集中しよう」とすると
崩れる

と、アドバイスを与えます。

わかっちゃいるけど。。ですね。^^;

中でも、

Play は、「演じる」という意味のほかに、「遊ぶ」という意味がある

つまり、演技とは「喜びに溢れている」ということなんだ。

この言葉、
父と全く同じことを言っています。

映画全体を通した
ピーター・ブルックから俳優へのメッセージ

結論を引用すると・・・

演技とは常に自分自身の中で真実を追求する作業
それに向き合わなければ、演技のレベルは向上しない

ワークショップを通して
自分の基準を高め
さらなる努力をする必要があると知ること

ほんとに。

仰るとおりで。。😌😌

というのは、

俳優って一見すると、とても滑稽仕事なのです。
真実でないことを真実と信じきり
真実にしてしまう、のですから、

それこそ真剣に「遊ばない」と、
滑稽になってしまいますよね。

俳優自身が作品の世界観を信じきっていないと、
お客さんは、すぐ分かるし
芝居を見ていても飽きます。

だから、この仕事は厳しくもあり
しかし、観客と真実を体感できた瞬間は素晴らしく魔法に満ちている

・・・からこそ、

俳優って、辞められなくなっちゃうのですねー

そして、
決してゴールのない
終のない
完璧のない仕事

だからこそ、追求していく姿勢が俳優には問われるのだと思います。

【女優になりたい】 → 女優誕生の瞬間

2017年09月25日 08:17
お知らせ

昨日は、ドラマスクール・レッドホースヒルズの【俳優基礎コース】という半年間の演技初心者コースの集大成!
第2期生の小発表会でした(^^)

うちの若手役者2人に手伝いに入ってもらい、お陰様で無事にゲネ、本番と迎えることが出来ました( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)

今期は、参加者の5名中、途中2人が諸事情で抜けてしまったのですが、残った3人の女子たち、大変がんばってくれました。
17歳、17歳、20歳と初々しい、若々しいメンバー☆
みんな「女優になりたい!」という大きな夢を抱え、
コースが始まって間もない頃は、
夢を人に相談出来なくて悩んでいたり、
新たな目標を見つけて、今までと意識がガラリと変わった子や、自分の表現したい!という熱い思いを表に出すことを怖がっていた子たちでした。
でも、半年間という短い期間の中で、
1週間にたった3時間というレッスンに挑み続け、
課題をこなし、自分たちで演技と向き合ってきました。
そんな彼女たちの成長ぶり、輝き、芝居に対するひたむきさ、に毎回胸を打たれるばかりの、ワレワレスタッフ( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)

小発表会の演出には、第1期生からご指導に入ってくださっている劇団S.W.A.T!の四大海さん。
稽古中から、四大海さんの台本選びのセンス、音楽のセンスに感動していたわたしですが、
本番は、涙涙でした・゜・(ノД`)・゜・

四大海さんは、ほんとに役者と作品を輝かせる魔法を持ってます!
そんな、素敵な魔法にかかり第1期生の発表会でも、
みんなキラッキラに輝いていたのですが、
今回も、3人の女優の卵たちは
キラキラと光っていて、ほんとに胸がいっぱいになりました。

そして
終わってから、
スタッフとしては、もっとみんなに「来てよかった!」と思われるスクールでありたい、そのためにはどうしようか、反省もしつつ、グルグル頭を回転させてばかりの今です。

自分がもっと役に立つためにはなにが出来るんだろう、これからも考えながら、学びながら、実践しながら、新たなことに挑戦いって、
これからの役者さんの役に立ちたいと、切に思います!(>_

舞台「俺節」東京公演終了!

2017年06月20日 14:46
お知らせ

こんにちは!
ドラマスクール・レッドホースヒルズ事務局の西岡かおりです。

先日、西岡德馬、及びに当スクール出身者の熊谷学の出演しました舞台「俺節」の東京公演が終了いたしました!

ご観劇いただきました皆様、ありがとうございました!!!!

また、大阪公演がスタート致します。
残念ながら、そしてありがたいことにチケットは完売のようですが、
これから、ご覧になる皆さまは楽しみになさっていてくださいませ☆

そして、ご観劇がまだの方は、
下記、ネタバレになってしまうので、読まないでくださいね。。(^_-)-☆

↓↓

とっても熱い舞台でした。
社会のどん底で、這いつくばっても、純粋に歌を歌うだけしかできないコージの姿を
安田章大さん、ほんとに体を張って体現されていました。喉が枯れないのか
心配になってしまいましたが、魂からの叫びが心に響いたまま、観劇後も2、3日余韻が残るほどでした。
高田さん、桑原さんの女優魂にも圧倒されましたし、
シャーロットさんのはかなげな感じに、時折みせるコメディセンスがほんとにチャーミングでした。

徳馬も、出ずっぱりというわけではありませんでしたが、
口ずさむ歌を替えたり、オキナワの地下牢の塀を持ち上げたり、歌舞伎ポーズを取ったり、
なんなり、アドリブだったそうですよ。。
倒れやしないかと思ってたら、最後ほんとに倒れましたね( ´∀` )

余談ですが、德馬氏は休演日でもほんとに休みのない日々でした。
パワフルです。

PC版