「レッドホースヒルズ」公式Blog

お知らせ 2015年06月21日 19:20 戯作者銘々伝 終演しました!

梅雨なのか、梅雨じゃないんだか分からない気候が続きますが、
みなさんいかがお過ごしでしょうか?


さて、ドラマスクール主宰 西岡德馬が出演しました
舞台 こまつ座「戯作者銘々伝」が無事東京公演・兵庫公演ともに終演しました!

ご観劇くださった皆様、ありがとうございました!!

かくいう、わたしも勿論見に行きました!
今回の舞台は山東京伝を中心に江戸時代の戯作者たちの亡霊のお話でしたので、
お盆にぴったりだなぁ(=゜ω゜)ノと思いながらも、
お上の目が厳しかった江戸時代を、表現の自由を求めて物語を書き続けた戯作者たちの姿に、
故人たちもあの世で喜んでいるんじゃないだろうか(/_;)、とも思ったのでした。

フランスの戯作者 モリエールも同じような境遇で戦ったように
どこの国も大変だったのだなぁ、と。

芸術家VS秩序と権力

考えさせられます。。。

塾長の役はかの有名な、蔦谷重三郎
某大手レンタルビデオチェーンの屋号と一緒ですね(^^♪

今回は、冒頭に膨大な量のモノローグのある塾長でした☆
他のキャストの方々含めて、
在校生にはぜひ見ていただきたいセリフ回しでしたよ☆

私も私情により最近は舞台を見に行くチャンスが激減していますが、
やはり生の演技に触れること、たまにでもいいから沢山の人が関わる大きな舞台を見に行くこと
役者志望の方にとって大変刺激になり、勉強になると痛感しました!

なにより、私のような俳優・芝居のファンにとっては
心のオアシス、忘れていたなにかを取り戻す時間となることが改めてわかりました(:_;)

ちなみに、次回の塾長の舞台は博多座になります。
東京公演が無いのが残念ですが、博多近辺の皆さんはぜひ足を運んでいただけたら嬉しいです!!

舞台って魔法ですね☆

ページTOPへ